医者

悩ましい更年期障害には正しい治療を|プロの力で素早く治療

食欲に関するトラブル

看護師

摂食障害の治療のほとんどは薬での精神的なサポート、定期的なカウンセリングなどによって行われていきます。大抵のケースでは通院で対処していくことができますが、症状の改善には患者本人の強い意志が必要になるためこのポイントはしっかり押さえておきましょう。

View Detail

少しでも症状を軽く

先生

原因からの対処

更年期障害は40代以降の女性に多くみられ、イライラするや憂鬱であるなどの症状を引き起こす疾患です。閉経によりホルモンバランスが一気に崩れ、老化が進むためこのような症状が発生します。男性の場合でも更年期障害は起こりますが、20代後半から徐々に男性ホルモンの低下が起こるため、症状として表れない方もいます。男性の場合は鬱傾向になったり、逆に料理などの趣味にはまる方もいます。女性も男性同様徐々にホルモン濃度が低下すると症状は緩くなります。そこで大豆イソフラボンなどの女性様ホルモンを食べることや運動やストレスをためない生活も重要です。他にもひどい場合病院にかかると女性ホルモン剤を処方してくれ、更年期障害がかなり楽になります。

早期更年期時代

女性の排卵回数は決まっていると言われています。卵子の老化もあり、40歳くらいまでが限界であると言われています。排卵は50歳手前まで続きますが、若いうちに生理が始まるとその分早く更年期障害が出やすくなります。一昔前より男性も女性も成長するのが早くなっていると言われています。それはインターネットの発達や性教育の恥じらいなどにより積極的に行われていないためだとも言われています。さらに厄介なことに若いうちの無茶なダイエットは更年期障害にも影響されると言われており、今後今より若いうちに更年期症状が出る方が増えると予想されます。若いうちに症状が出るとホルモン濃度が高いうちにみられるため、症状もひどくなる傾向にあります。

中には更年期障害になっている事に気がついていない人も少なくないでしょう。更年期障害は急に汗が噴き出してきたり、心臓の鼓動が早くなったり気分が落ち着かなくなる場合が多いです。気分的にはずっとイライラが続き、何でもないことで気分が憤慨してしまうような状態になります。また、反対に暗い気分になるなど感情が一定になりません。自分はおかしくなってしまったと考えずに、まずは更年期障害であることを疑うようにしましょう。

女性が経験する体の変化

病院

ほとんどの女性が抱える悩みとして挙がられるものに、更年期障害による女性ホルモンの変化がありますがその症状がとても辛いことで対策が行われます。 たくさんの女性の意見として 、取り上げられる対策がホルモン療法によって行われます。

View Detail

更年期に起こる体の変化

女性

更年期障害は、閉経前後の10年間に起こり得ると考えられます。女性は初潮・妊娠・出産・閉経などの節目で体調の変化を崩しやすいとされています。ほてりや発汗などの諸症状の治療には、プラセンタを皮下注射するという方法もあります。

View Detail